豊中 整骨院 ぎっくり腰

2019/07/02 ブログ

梅雨に入りジメジメとした日が続き体がしんどいなんてことはありませんか?

この時期、日常診療でもっとよく遭遇するのが 「ぎっくり腰」です。

ぎっくり腰の原因

大きく2つに分類されます。

1つ目

重いものを持ったとき・急に中腰から立ち上がろうとしたときなど1回の力が腰に集中したときに痛めるパターンです。

2つ目

長時間、立ちっぱなしや歩きすぎたなどの翌日から急に腰が痛くなるパターンです。

症状としては

1:起き上がることができない。体に力が入らない。

2:上半身を曲げることができない。

3:ズボン・靴下を履くことが困難

治療法は?

1回の力が腰に集中した場合、鍼治療が効果があります。

特にぎっこし腰に対するツボに鍼刺激を加えると劇的な効果が出ることがあります。

使い過ぎによるぎっこり腰は、硬くなった筋肉・皮膚を筋膜リリースで循環改善を行い皮膚表面を緩めてい行くことで痛みが改善していきます。

予防法

痛みが取れても再発してまたあの痛みが出るのでは?と感じている患者さんは多いようです。

予防策を実行していけば再発のリスクは軽減しますが、予防法を継続できる方が少ないのも事実です。

では、予防策ですがストレッチ特に脚のストレッチは有効です。

お風呂上りに実行することをお勧めいたします。

 

豊中のエスポワール整骨院はぎっくり腰の早期改善を目指しています。

何なりとご相談ください。